株式会社ライフィ

「常識は変化する」

私が社会人成り立てのころと今を比べれば、身近なところにいろいろな変化があります。

特に情報通信は!!

当時、印刷会社に営業として勤務していましたので、原稿などをやり取りするために工場とをつなぐFAXは必需品。ただ、大手企業様以外、ほとんどFAXはありませんでした。

(会社案内に『最新鋭の高速ファクシミリ』と、持っていることが自慢できる武器だったんです。)なおかつ、FAXの機種によってほとんど互換性はなく、「規格は何ですか?」などと聞きながら送る始末、一時期のMSとMacみたいに・・・。これが重くて大人3人でも持ち上がらない!

マウスなんて付いていないパソコンが会社に数台、ほとんどワープロが主流でした。これもまたメーカーによって互換性無し。

営業に出ているときの呼び出しはもっぱらポケベル。それでも持っている人が珍しいくらい。(当時のポケベルは鳴るだけ!何の表示機能も無いのです)

ポケベルが鳴るのが嫌で嫌で・・・。電話BOXに走り、会社に電話、ほとんどが急ぎかクレームでした。

それが今では一人1台は携帯電話を持ち、その携帯電話でメールができ、ゲームができ、音楽が聴けちゃうんです!(笑)

時代は変わっています。気が付かなくても少しずつ、すごいスピードで日々、変化しています。

我々も変わらなくてはなりません。

当時勤めていた印刷会社も営業マンを廃し、日本全国のお客様からNET上で原稿データをやり取りしていると聞いています。

自分が過去に蓄積してきた経験を否定しなければいけないかもしれません。

あふれ出る情報の中から自分に必要な情報を選び出し、使いこなす能力が要求されているような気がします。

昨今のビジネス上、パソコンはものすごい武器です。

良いか悪いかは別にして、今後の教育は暗記主体から検索主体『情報の取捨選択能力』重視になるのかもしれません。

個人的には時代から置いていかれている気がします(^^;

ページトップへ