株式会社ライフィ

サッカー日本代表、ハリルホジッチ体制始動

アギーレからハリルホジッチに監督が変わり、2試合が終わりました。

個人的な感想をさせていただきます。

 いやぁ、『この先が楽しみ!』と感じる2試合でした。

今までのポゼッションサッカーから、超高速のサッカーに
変更していくので、今のやり方に慣れるのが大変そうな選手もいますが、
日本人には合っているのではないでしょうか?

香川が所属するドルトムントみたいなサッカーで、
ブンデスリーガに所属している選手はやりやすいのでは?
そんな気がしました。

足元の技術力と、小回りが利くすばしっこさで、世界と渡り合えるのかも。

試合中に細かい指示を送り続けることで、理解や成長スピードが、
早まる期待感。Jチームに戻り、他の選手へのアドバイスにもつなげてほしい。

現時点で、ロシアワールドカップのレギュラーメンバーを考えてみました。
S2

前大会でレギュラーに残るのは岡崎、香川、内田、吉田。
サブに回るのは長谷部、本田、長友。
加齢によるスピードが次大会まで維持・成長できるか?が重要。

新たな主力の候補は永井、乾、大迫、宮市、柿谷、清武、
塩谷、藤春、W酒井、権田。
大迫、永井、宮市は、判断と技術力と守備により一層の磨きを期待。

若手で、TOP代表を目指し、頑張ってほしいのが
湘南の遠藤航、FC東京の中島翔哉、フロンターレの大島僚太、
ザルツブルグの南野拓実、ベルディの三竿健斗、BVBの丸岡満。

同世代では優秀な選手たちかもしれませんが、現状に満足せず、
どれだけ高い意識で上を目指し、今後取り組むのか?で、
成長スピードは変わるのでしょう。

今、アジアでのJリーグのレベルが下がっていると言われています。
ハリルホジッチが多くの代表候補を呼び、指導し、Jチームに帰り伝えることで、
日本全体の底上げにも期待します。

頑張れ!日本代表

※あくまで個人的意見です。

因みに、2013年に日本代表について書いたブログ
ケッコウ共通点があります。

ページトップへ