株式会社ライフィ

サッカー日本代表「神が降臨」している。

サッカーワールドカップのおかげで寝不足の日々。
仕事はしないといけないから、現在の優先順位の2番目が
ワールドカップ観戦。
4年に一度のお祭りだし、いいですよね。

今、日本代表はノッている。
こんな時には戦力分析しようが過去の経験値を問われようが
関係ない。

選手たちは日の丸を背負っていることも、相手が誰であろうとも
全てのプレッシャーからも解き放たれ、栄誉やビッグクラブからの
オファーなど、全ての欲望も封印されて、無意識の意識の中で戦っている。
脳で判断しているような感じではなく、身体から自然に
湧き出るアイデアとイメージ通りの身体の動き。
視野の広さと感覚の鋭さ。
本人たちでもわからない「神が降臨している」感じだと思う。

このままの精神状態が維持されていけば、間違って
決勝進出なんて事だってありうる。
2004年のUEFA欧州選手権でのギリシャもそうに違いない。

私も降臨している状態を経験したことがある。
創部して1年半しか経っていない高校時代、
夏のインターハイで全国ベスト8の強豪チームを
秋季大会の決勝で、破って優勝した経験がある。
チームは本来持つ実力の120%を出していたと思う。

あの時の感覚は忘れられない。

今の日本代表を観ていて同じ感覚を思い出した。

岡田監督は
「サッカーがチームスポーツであることを証明したい」と
言っていたが、これもよく解る。
私たちも優勝後、県選抜候補に7名が呼ばれたが、
誰一人として受からなかった。
神はチームに降臨しているから。

実力でベスト4を選べ、といわれれば
ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、スペインかもしれないが、
日本の属するブロックにいるスペインもポルトガルも
実力を能力をできずにやっとこさっとこ上がってきた感じ。
神が降臨している日本代表ならばやっつけられちゃう
可能性もあるさ。

がんばれ! 日本代表!

ページトップへ