株式会社ライフィ

サッカー日本代表に思う事

 私の最大の趣味はサッカー観戦。TVで録画して、空いた時間に鑑賞しています。

 今月はヨーロッパのリーグ戦に加え、W杯の地区予選あり、UEFA・CL戦あり、ワールドカップU17大会あり、多分20試合以上、録画観戦しています。

 で、最大の注目は2014ブラジルワールドカップ、日本代表の親善試合セルビア戦とベラルーシ戦。
いやあ、ストレスが溜まりました。友人たちに意見を聞いても同じ。

何がいけないのでしょうねぇ?

技術レベルが急激に落ちるわけでもなく、ほとんどの選手がずーっと同じメンバーでやっているので、連携に問題があるはずもなく…。よく言われることですが、選手を入れ替える・戦術を変える、この二つで刺激を与えることも重要か?とは思いますが。

 U-17ワールドカップ日本代表

 ところで、今行われているU-17ワールドカップUAE大会。日本代表がすごいですね。
予選リーグでヨーロッパ予選1位のロシアを1-0、南米予選2位のベネズエラを3-1で撃破。
ブラジルやアルゼンチンなど南米の強豪と戦ってきたベネズエラの監督が「ここまでチンチンにされた試合は無かった」というほどです。さらに言えば、1戦目と2戦目で、選手8人を入れ替えて!です。このまま行けば、ベスト4だけでなく、優勝も夢じゃないかも。

 そういえば、女子ワールドカップでなでしこジャパンが優勝した時も、予選の試合は誰も注目されず、トーナメントに入ってようやくゴールデンタイムでの放映になったけど、今回もありうると思います。

 試合内容で言えば、フォーメーションは4-1-4-1のアンカーを置くタイプで、ボールポジェッションをしながら相手を攻め込むバルサスタイル。やっぱり、このスタイルは日本人には合っている気がします。
 一番気に入った選手はベルディユースの三竿選手。1試合目のロシア戦でアンカーを務めた選手です。
 U-17日本代表の吉武監督が言うのは「相手が守っていないところを攻めよう!」
選手はこれを忠実に守るため、その手法としてボールをキープし続けることになるのでしょう。目的を明確に指示して、方法論が「ボゼッション」となっているだけの気がします。
 この世代が2020東京オリンピック日本代表世代かと思うとうれしくもあります。

 フル代表では、ボールポゼッションが目的となってやしないか?が不安になります。なぜポゼッションしていくのか?の方法論が主体で、目的が失われ、ボールを持っているけど、攻撃できない…。そんな感じがします。

 さあ来月は古豪オランダ戦と最近急激に強くなっているベルギー戦です。

2013年11月16日 21:15 オランダ vs 日本 (ベルギー/ヘンク)
2013年11月20日 5:00 ベルギー vs 日本(ベルギー/ブリュッセル)

 楽しみにしています。

 ちなみに、TV観戦ばかりではなく、たまにはサッカースタジアムへも足を運びます。今週末はJ2 横浜FCVS.ジェフ市原戦。KAZ!ぜひ活躍が観たいです!

もとさん!ホーム最終戦のジェフですよ!
チームに魂を注ぎ込む意味でもKAZを絶対に使ってくれ!

タグ:

ページトップへ