株式会社ライフィ

サッカーU23日本代表戦

 こんにちは。

1/13からサッカーU-23日本代表の、オリンピック出場を掛けたアジア最終予選がスタートします。
アジアの出場枠は3つ。3位までがオリンピックに出場できる。

※日程は以下の通り
●決勝トーナメント
IMG_1433
●Bグループステージ
2016/01/13 vs 朝鮮民主主義人民共和国(22:25~ テレビ朝日系列)
2016/01/16 vs タイ(22:20~ テレビ朝日系列)
2016/01/19 vs サウジアラビア(22:25~ テレビ朝日系列)
※4か国の総当たり戦で、上位2チームが決勝トーナメントへ進出。
※TV[放映時間は日本時間。現地時間は16時半頃。

準々決勝1/22(金)
準決勝1/26(火)
3位4位決定戦1/29(金)
決勝1/30(土)

グループステージの最大の敵は北朝鮮であろう。
北朝鮮は、2010年より、アンダー世代の強化に力を入れ、ここ数年大きな成長を見せている。
AFC U-16選手権では2010年、2016年に優勝、AFC U-19選手権では2010年に優勝、2014年に準優勝、
日本を上回る戦績を残している。
チョンテセの話によれば、韓国・朝鮮では「日本は、強く当たるとビビる」と言われているらしいい。
日本は覆す当りで「強く当たってもビビらなかった」と思わせればもう勝ち。
日本は1戦目に勝利すれば、タイ戦、サウジアラビア戦と波に乗っていくと思う。

日本チームのメンバーはこちら
キーマンは?というと、結構いい選手が沢山いる。
DFは、鹿島の植田、神戸の岩波の185cm越えのセンターバック、
MFボランチは、湘南から浦和に移籍した遠藤、川崎の大島・原川、
攻撃陣は、東京の中島、ザルツブルグの南野、広島の浅野、ヤングボーイズの久保。
TVのデータではこんな感じ。
IMG_1870

驚くべきは、広島の野津田、浦和の関根、鳥栖の鎌田が呼ばれていない。
どんだけ人材が豊富なのか?と思う。

1996年、マイアミの軌跡以来、日本はオリンピックに出場し続けている。
このままアジアのアジアのTOPとして継続してほしい。

明日は残業いたしませんよ。

ページトップへ