株式会社ライフィ

中高年よ、大志を抱け!

失礼なタイトルで恐縮です。

65歳以上の人口の7%を越えると「高齢化社会」、
14%を越えると「高齢社会」と言うそうです。

現在、日本の人口の2660万人が65歳以上。
占める割合は20.8%です。
今後も高齢者は増え続け、予想では2042年に3,863万人になるそうです。
(19年度版高齢社会より)

私も2030年から高齢者の仲間入りです(^^;

ベンチャー系中小企業の財産は「勢い」と「大きな夢」と「元気な身体」。
ここに「ノウハウ」と「経験」と「人脈」がプラスされればなおさら勢いづきます。
わたしは4人、師匠と言える方々(精神的高齢者は一人もいませんが)
出会うことが出来ましたが、なかなかそうは行きません。

戦後、日本の高度成長期を支えた能力ある方々は定年を迎え、
またはこれから迎えます。でも、60才代なんてまだまだ元気ですよね。

関西で御世話になっている山村社長の会社は「番頭さん.com」を運営しています。
ベンチャー経営者の不足した能力を補ってくれる番頭さんを派遣してくれるのです。
すばらしい!

そこで「中高年よ、大志を抱け!」
「セカンドライフはベンチャーで経験を活かす!」
大企業では思うように出来なかったこともベンチャーならば思い切り
能力を発揮できます!

但し、ベンチャーでは一人3役、取締役兼トイレ掃除兼電話番なんてこともありですが・・・。

高齢社会になれば若者だけでは国家を支えきれないでしょう。韓国・中国他

アジアの各国に日本は抜かれそうです。

能力があり、まだまだ働ける高齢者?でも精神的には第二の青春!
子供も巣立ち、蓄えも存分にあり、年金ももらっている今こそ

「中高年よ、大志を抱け!」

ぜひとも子供のため、孫のため、日本のためにお力をお貸しください。

 

無料アクセスアップツールWarp!-mini

ページトップへ