株式会社ライフィ

4月、就業規則の改定

こんにちは。
代表の澤田です。

4月から就業規則・賃金規定が新しくなります。
目指したテーマは「スタッフへの安心感の提供」です。「労働条件・労働環境をできる限りよくしてあげたい」という経営陣の願いです。

長期的スパンで考えた場合、会社の状況が良いときもあれば悪い時もあります。
良いときには社員にできるだけ良い思いを、悪いときには会社もスタッフも一致団結して乗り越える。そんなスタンスが取れるように、労働基準法が邪魔してできないことは、運用面で従業員の待遇を良くしていけるように改訂いたしました。

ポイントとしては
〇定年
65歳に引き上げました。60歳過ぎの社員が出てくるのはまだ先ですが、早めに退職年齢を引き上げておけば、社員さんの生活設計も変わる事でしょう。
〇選べる出勤時間制度
8:30~10:00の間、30分刻みで自分の出勤時間が選べます。家庭の状況、通勤時間などにより、出勤時間を選べるようになりました。
〇労働時間の短縮
労働時間を毎年毎年少しずつ短縮する予定です。今期の当社の労働時間は1633時間となります。
そのため、半年以上の正社員全員の有給休暇を一律20日間に引き上げました。さらに会社指定の公休を今期は5日間設定しました。
〇出産・育児・介護休暇規定
新卒から20年も働けば、家庭の状況もさまざまに変化します。その変化に応じて休暇を取りやすくするため、また復職しやすくするため、新たに設置しました。
〇子育て手当
18歳未満の子供がいる社員さんのため、新設しました。役職・能力に関係なく1~5万円まで、人数に応じて支給されます。

主だった感じはこんな所です。

今、ライフィで行っている福利厚生や労働環境整備の中には「大企業だったらできないな」「中小企業ならではの制度だな!」と思えることがいくつもあります。
「大企業並みの安心感に、中小企業特有のフレキシビリティ」
そんな待遇の会社にしていきたいですね。

ページトップへ