株式会社ライフィ

山岳事故

ここ数年、中高年の山岳事故が多発しているとの事。

2006年度は調査開始してから過去最高。

万が一、遭難事故が起こった場合の費用は相当なもの。
民間ヘリコプターの出動費用が一回捜索費用が200万円程度。
民間の遭難対策協会の方々への出動依頼は一人当たり日当3万円、
冬場なら10万円が相場。

の他に交通費・宿泊費が遭難した本人または遺族に請求される。

仮に冬場に三日間、10人の人が捜索すると・・・・・・
ヘリ3日間×200万円=600万円、3日間×10万×10人=300万円
交通費・宿泊費その他で100万円

〆て1000万円!

山登りには万が一に備えて山岳保険が必要でしょう。
こちらで詳しく解説しています。
http://www.convention.co.jp/ip/hira/insur.html

同じように、日常生活の中にも『万が一』は潜んでいます。

自分のリスクを洗い出してみてはいかがでしょうか?

生損保29社の総合保険代理店 ㈱ライフィ
ライフィバナー

.

.

.

.

ページトップへ