株式会社ライフィ

引退間近のリーダー

 もう、20年近く前の話ですが、サラリーマン業を終了するときの話。

 某セクションで責任者をしていて、私のセクションには30名程度のスタッフがいました。経営理念に基づき、常にリーダーシップを取り、組織上任されていた決断を行い、TOPからの指示を具体的にスタッフに指示を出し、その後起きた結果に責任を持つのが仕事。(とはいえ、経営者ではないので最終責任を負うわけでもないですが)

 ある時、会社を辞めることが決まり、退社は1か月後に決定。当然全スタッフに退社の事実と、後任に誰が来るのか?はまだ決まっていない状態であることを伝えました。

 ここからが結構大変なんですよね。業務役割上、日々判断すべき事項が次々とやってくるのですが、退社が決まっている私は、退社後の責任をとれるわけでもなく、なのに判断して指示を出す。当然中途半端な指示ですよね。
 日が経つうちに誰も相談にも、指示を仰ぎにも来なくなるし、TOPからの指示も降りてこなくなるんです。結構つらかったですね。一部スタッフに気を使ってもらっている感じがなおさら…。
 でも、スタッフ側の立場で見れば「どうせ辞める人の指示を聞いたって、そのあとの責任をとるわけでもないし、相談しても無駄」ということですからしょうがない。

 何が言いたいかっていうと、
『一度辞めると言ったリーダーが、長くその位置にいるとその下のスタッフが迷惑する』ということ。「どうせ辞める人の指示を聞いたって、そのあとの責任をとるわけでもないし、相談しても無駄」なんです。

 リーダー本人の責任感や意思には一切関係なく…。

 中小企業の経営者は『俺、経営者辞めるわ』とは簡単には言えない。社員とその家族、関係企業とお客様、借り入れがある場合には金融機関への返済義務などに対する責任があるので。中小企業の経営者にとって引き際はすごく大問題なんです。

 それに比べて総理大臣て楽ですよね。『辞める!』と言えば今日中に辞められるし、『続ける!』と言えば、機能停止して組織がひっちゃかめっちゃかになろうが、借金が膨らまろうがいつまででも居続けられて、飽きたり疲れてから辞めればよいし。

 もし、会社が倒産し、経営者として失格だったら、年金がもらえるまで総理大臣でもやろうかな?責任ないからラーメン屋さんとか飲食店の経営よりも 1000倍以上楽そうだし。創造力必要ないし、決断力必要ないし、辞めたい時に辞められるし、退任後の責任もしょわないし、お金使い放題だし、せいぜい忙しいフリだけしていればいいんでしょ。野党の追及も下らないことだけだし、国民も政治に興味失ってチェック機能は働かないし、おとなしいから暴動なんて起こるはずないし、不信任案出されても『あとちょっとで辞めるから』とか嘘ついて居座り続けられるし。

ページトップへ