株式会社ライフィ

役員貸付金の清算プラン

ビジネスモデルによっては、どうしても領収証の切れない出費や、
未清算のままになってしまうお金が出ることもあります。

しょうがなく、「社長貸付金」「役員仮払金」などで帳簿上に
計上される場合もあります。

残念ながら、この状態の決算書を金融機関が見ると
「個人と法人のお金の区別が付かない社長」
「戻ってこない資産のある会社」など、
マイナスの評価につながります。

当然、新規融資を金融機関に申し込んでも
「社長個人に流れてしまうのではないか?」との懸念から
金融機関からの新たな資金調達の障害になりかねません。
そこで「役員貸付金」短期に清算するプランが必要となります。

当社でも引き合いの多いプランではありますが、
貸金業の法改正があるため、今期いっぱいで融資してくれる
ファイナンス会社が無くなる可能生命あります。
当社ご紹介先ファイナンス会社では、まだ大丈夫では
ありますが、一部では受付をストップしているようです。

もし、役員貸付金の清算を検討中であれば、
早めのお問い合わせを!

詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://www.kigyo-zaimu.jp/fund/fund04.html

タグ:

ページトップへ