株式会社ライフィ

野球少年

10年前では考えられないくらい、メジャーリーガーとして日本人が活躍しています。
日本人として野球の世界最高峰?で活躍している日本人選手は誇りです。

ところで、メジャーリーガーになった日本人に「特待生」だった人はいないのでしょうか?

高校野球界から特待生は締め出されました。
「行きたい強豪高校で野球をしたいが親の負担を考え、諦める」。
そんなことを子供たちが考え出したらと想像するとゾッとします。

そもそも学校とは何なのでしょうか?教育とは?

個人的主観ですが「子供の可能性を広げ、経験を積ませ、
能力を引き出す」ところが学校で、それが教育なのだと考えています。

もし「可能性の芽を摘むブレーキになる」制度があったとするならば、
もし、「生まれ持って育てた能力」を、親の収入に左右される状況を作る
組織があったとしたならば・・・・・。
単に金銭の授受ばかりに焦点を当てず、子供たちの未来に焦点を
当ててほしい!

強豪高の理事長、校長先生、教育の原点を見つめ「特待生のみの大会開催」を
検討されてみてはいかがでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/column/bp/detail/20070523-00000000-nkbp-bus_all.html

財務体質強化・節税コンサルティング

 

 

ページトップへ