株式会社ライフィ

飲酒運転での死亡保険金を全額支払う保険会社

ここ数年、シートベルト着用の義務や、飲酒運転の取り締まり強化などで、
死亡事故が年々減っていますね。

今や年間8千人程度です。日本の人口が1億2千6百万人ですので
0.006%、1万6千人に一人の割合い。

で、表題の「飲酒運転でも死亡保険金を全額支払う保険会社」が
どこかというと「グリーン損害保険」です。
 もともと、飲酒運転での死亡事故には「20%に減額して保険金を
支払う」と約款にうたっていましたが、このほど裁判で全額支払うよう、
命じた判決賀でいました。

信じがたいのこ判決、実はおとなり韓国の話です。
ネタ元→ ここ

ちなみに日本での約款はこうなっています(参考例)

●当会社は,次の各号のいずれかに該当する傷害に対しては,
保険金を支払いません。
(1) 被保険者の故意によって,その本人について生じた傷害
(2) 被保険者が法令に定められた運転資格を持たないで
被保険自動車を運転している場合,酒に酔った状態(アルコール
の影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいいます。)
で被保険自動車を運転している場合,または麻薬,大麻,あへん,
覚せい剤,シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれが
ある状態で被保険自動車を運転している場合に,
その本人について生じた傷害

これが普通だと思います。飲酒だけではなく大麻もダメですよ!

顧客満足度No.1!チューリッヒの自動車保険

ページトップへ