株式会社ライフィ

2016年、今年もお世話になりました。理念を改訂。

代表の澤田です。
年末、ライフィも昨日大掃除を終え、社内で簡単な納会を行いました。

今年を振り返ると・・・
理念経営を徹底した2期目、どうしてよいのか?本当に会社を変えるのか?悩みながら過ごした前期と比べ、社員さんたちもようやく変化に慣れてきて、目指すべき方向性を明確に持って進めた年となりました。
「やり方」がわからないことも「あり方」がわかれば進みやすい。トップダウンの指示はなくなり、社員さんたちには「自らが考え、行動する」事の意味や楽しさを実感していただけたと私も実感しております。

大きな苦労といえば、5月の保険業法改正に伴い、社内システムとWEBサイトを全面変更、その過程でできたシステム上の小さな穴にウィルスを仕込まれた8月。でも当社の考え方は「ピンチはチャンス!」。
それを期にセキュリティ強化のため、大手都市銀行サーバ並みのセキュリティサーバへと引っ越しました。ちょっとした保険会社よりもハイクオリティです。

スタッフは1月に1名、4月に1名、10月には取締役1名、計3名の女性が仲間に加わっていただきました。増員に伴い、2015年の5月に引越してきたばかりの事務所も狭くなり、2フロアになりました。(引越し後、5名の増員でした)
現在、スタッフを募集中で来年1月から4月にかけて現段階で6名(男性4名、女性2名)が内定、新たな仲間が参加してくれる予定です。
ここ数年、辞めた社員はゼロを維持しています。(ここが一番の自慢です)

2017年の年間事業計画は全社員で作成しました。初めての試みです。
経営方針を役員で作成し、部門ごとの事業計画、それを達成するための個人個人が自らの行動計画まで、12か月分をすべて社員さんたちだけで作成しました。
どこまでうまくそれぞれのPDCAを回せるのか?はとても楽しみです。

あ、それと一番重要なこと、経営理念を改訂、次年度計画から盛り込みました。
2年間の理念経営で社員さんたちが理念の理解ができ始めたこと、目指していた目標が低かったこと、今の社員さんたちならもっと高い目標を目指せることなどが理由です。
【 旧理念 】
良質な情報提供を通し、 関わる全ての人の幸福・成長に寄与する。
【 新理念 】
 真心を込めた、良質な情報提供を通し、
   和をもって、関わる全ての人の幸福・成長に寄与する。

・「真心を込めた」は今以上に高いレベルでお客様に尽くす姿勢を私たちは追い求める、という意思表示です。「良質な情報」の中に「真心は入っている」でしょうが、敢えて外だしして強調しました。逆に言うと「真心がこもっていない情報は良質な情報ではない」ことを意味しています。
・「和をもって」 は、社員間の理解度にもギャップが生まれてきます。また個々の得手不得手にもギャップがあります。理念経営の会社として、誰一人浮くことなく、全業務の中でそれぞれの個性や得意な人が得意なことで自身を活かし、業務の隙間なく、取引先も含め、自分を、皆を活かし合い、一丸経営を目指そう!との思いです。
行動指針「一歩踏み出す書」は、来期社員さんたちで改定していただきます。

理念を刷新したことに伴い、さらにさらに、10年後のビジョンを策定し社員さんたちと共有しました。
内容は内緒です。ワクワクする10年後を社員さんとともに作り出そうと考えています。

今年も多くの方々に支えられ、1年を無事に過ごすことができました。ありがとうございました。
来年以降も良い会社を目指してみんなで精進してまいります。

新年1月6日から通常営業の開始です。
皆様、よいお年をお迎えください。

ページトップへ