株式会社ライフィ

amazon.co.jpで安く買い、増税を受け入れますか?

アマゾンが日本で電子ブックキンドル(kindle)を発売しようと準備中。
大手出版社とも交渉が始まっているとのこと。

ところが、アマゾンは日本国内で納税をしていないとのこと。

『2009年7月、「本社機能の一部(日米租税条約で定める恒久的施設にあたるもの)が日本にある」として東京国税局から140億円前後の追徴課税処分されたことが報じられた。アマゾン側は「米国に納税している」と主張し日本とアメリカとの2国間協議を申請。アマゾンジャパンも「課税は不適切」とし、日本での納税義務は無いという立場である。』

おかしくないですか?日本で商売をしてアメリカで納税するなんて。
出展 ウィキペディア 「法人税の追徴課税」の項目を参照。

一般的にアメリカ人が日本で収入を得れば、国内で納税しますよ。

一方、国会では増税が話し合われています。
増税になれば否が応でも日本国内で生活している限り、
税金を収めなければなりません。

せっかくアマゾンで安く買ったとしても、増税で安く買った金額よりも高い増税に将来なるならば、お得感はありませんよ。
だったら少し高くなったとしても、日本国内で納税してくれる企業から買ったほうが精神的にもいいと思っています。

アマゾンジャパンのWEBには「リーダー(社員)はカスタマーを起点に考え行動します。カスタマーから信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。」と書いてあります。

私は日本での納税を拒むアマゾンを支持しません。
この事実を知ってからアマゾンで買うのをやめました。

ヤフー!で同じような方々がいるかどうか検索してみました。
かなり多くの方々が存在しています。
「アマゾン 日本 納税」

「アマゾン 日本 納税 不買」

アマゾンに勤務している方々は所得税を日本で納税しているのでしょうから、罪は無いと思っています。問題は法人です。

政府も「税金を取りやすいところから取る」スタンスを変え、「納めるべきが納めない」所を強化すべきではないでしょうか?

増税のところだけ、時代の変化に対応しないで、あんらたも変化せよ!

タグ:

ページトップへ