株式会社ライフィ

chinese peony 芍薬

今週のお花は芍薬(シャクヤク)です。
華やかに咲いたところをお見せしたかったのですが、今回なかなか咲いてくれずに・・・。
牡丹によく似ていますが、牡丹は樹木であるのに対して、芍薬は草本です。
花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「清浄」「威厳」
日中は艶やかに咲き誇りながらも、芍薬は夜になると花びらを閉じてしまいます。
その姿から「女性が恥ずかしがっているように見える」と、花言葉に「恥じらい」「はにかみ」がついたようです。
芍薬といえば、女性の美しさを花に例え「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という有名な言葉があります。
意味は芍薬のように風情があり、牡丹のように華麗で百合のように清楚だそうです。
そんな芍薬にたとえられるような女性になれたら素敵ですね☆彡20160614

ページトップへ