株式会社ライフィ

コミュニケーション

最近の若者はコミュニケーション能力が低下しているなどとの話題も聞かれます。

残念ながら人間は一人では生きていけません。

人里離れた山奥で自給自足の生活ができるのならば別ですが・・・。

ならばコミュニケーション能力は大切です。

過去に専門学校で働いていた経験上、「あいつ、言ってもわからない!」というのは

「言い放っている」だけで「伝えていない」のだと教わりました。

つまり話している側にも問題あり!受け手だけの問題ではないのです。

どんな相手でも真剣に相手の立場に立ち「誠意を持って」話をすれば伝わります。

教わる側も勉強ですが、教える側もコミュニケーション能力向上の勉強なのです。

以下、P.Fドラッガーの言葉を流用します。

コミュニケーションを成立させるためには、コミュニケーションの受け手が、何を見、何を聞きたがっているかを理解することが、まず送り手側に必要である。そうしてはじめて、受け手の期待を利用できるか、いかなる期待を利用できるかを知ることができる。」

ページトップへ