保険比較ライフィへ

2028年ビジョン

2017年に代表の澤田が発案し、「10年後にこういう会社になっていたい」という想いを描いた「10年ビジョン」を策定しました。

そして、2019年4月に全社員の想いをのせ、より10年後を具体化した「2028年ビジョン」としてリニューアルしました。

私たちの全ての目標や取組の原点であり、道標になっています。

ライフィが目指す未来 2028年ビジョン

ライフィは真心を込めた良質な情報提供を通して、社会にとってかかせない存在となっています。
全社員は経営理念に基づいた高い意識を共有し、真摯にお客様に向かい行動しています。

この独自の「ライフィモデル」は仕事の高品質・高効率を生み出し、株式会社ライフィを核としてさまざまな分野・地域へと展開しています。そして社員を含めた多くの人のお困り事解決や幸せ、さらには未来社会に貢献し続けています。

日本最高の保険サイトの実現とさまざまな分野への事業展開

ライフィはだれでも使いやすい「ユーザーフレンドリーな日本最高の保険情報サイト」として、業界から一目置かれ、同業他社もライフィサイトを通じて勉強を行うほどです。

また、最適なテクノロジーを常に追求し、サイト以外の方法でも情報提供に取り組んでいます。

アジアでの保険サイトも急成長を遂げ、また、同じ考え方を他分野へと展開し、福祉系情報サイトなどを立ち上げました。

ライフィの社員は30名、グループ会社合計で150人ほどになっており、グループ会社同士の人事交流も盛んです。いくつかのグループ会社の社長はライフィのオリジナルメンバーたちが務めています。

働きやすい環境と多様性の実現

全社員は常に真摯に業務に向かい、効率化のための仕組みづくりを続けており、その仕組みは世界でも知られるようなっています。

ここでも最適なテクノロジーが取り入れられ、より効率的な組織運営が実現されています。
その結果すでに週休三日を実現し、「労働時間1時間当たりの生産性」は日本でトップクラスになっています。

業界トップクラスの福利厚生制度もさることながら、介護・子育て中などの社員の個人的状況を配慮した労働環境が整備されており、社員の子供の数は、社員総数の1.5倍ほどになっています。

定年も決まっていないため、社員が自らの状況に合わせて継続的に働いています。

社会貢献

「打つ手の一つ一つ、会社の存在・発展そのものを社会貢献につなげる」という根幹の考えのもと、ライフィが行っている情報提供業は広く社会に貢献しています。

たとえばアジアではライフィサイトを通じて保険知識の普及と現地の国民生活の安定に寄与しています。

また新たに社員のアイディアで展開しているさまざまな事業もすべて社会貢献につながっています。

最大の魅力は働く社員

これら全ての元となっているのは社員一人一人の力です。さらなる好循環を生みだすべく、今日も真摯に自らの役割に誇りをもって向かっています。

ライフィグループは入社希望者が途絶えることなく、退職率も低い状態をキープしています。

最近「仕事でも日常でもパートナーにするならライフィの社員!」と、一部で言われ始めているらしいです。

ページトップへ