株式会社ライフィ

未来は誰にも分からない

昨年、「想定範囲内です」との発言が脚光を浴びた時期がありました。
が、<想定範囲外>の出来事が起こってしまいましたね。
かの経済学者P.F.ドラッガーは言っています。
[未来は誰にも分からない]
 

 「新訳」創造する経営者 「新訳」創造する経営者

著者:P.F. ドラッカー
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

言葉をそのまま取れば「想定範囲外のことしか起こらない」ということになるかもしれませんが、私は逆の意味に捉えられると考えます。
「今、何かアクションを起こしたことによって未来は変えられる」と・・・。

今日、今、何をしているのか?何を考えているのか?どんな行動をしているのか?の連続した日々の延長線上に未来はあります。
「未来は過去の延長線上にある」
過去からの日々の積み重ねによって「今の自分」、「今の会社」が存在している。
これがドラッガーが言いたい真の意味と、私は解釈します。

ページトップへ