スタッフ募集はこちら

沖縄研修旅行(トシノリン編)

こんにちは、トシノリンです。

少しずつ肌寒くなってきておりますがいかがお過ごしでしょうか。
そんな肌寒さの中、今回社員研修旅行で沖縄まで遠征してまいりました。

去年の社員研修旅行も沖縄の予定でしたが去年は台風で中止となってしまった経緯があり
まさに念願の研修旅行でした。

「今回は晴れてほしい」、そんな願いが通じたのでしょうか、今回の二泊三日の工程で雨に降られることはほとんどなく
快晴の沖縄を感じることができました。

今回のブログはそんな沖縄研修旅行での体験を一部紹介したいと思います。

初日

当日は午前の便で羽田空港出発、そしてお昼ごろに那覇空港到着。
関東とは違う暑さと南国ならではの風景で社員のテンションはどんどん上がります。

テンション高め

それからバスに乗り世界遺産の「玉陵(たまうどぅん)」に向かいます。

玉陵近くで昼食のソーキ蕎麦とジューシーをいただきます。
※「ジューシー」とは・・・定義は未確認ですが一言でいうと「かやくごはん」です。

見たことない調味料と「ジューシー」のイントネーションで見解の相違もありましたが、みんなでおいしくいただけました。
現地で食べるソーキ蕎麦は格別の味わいでした。

その後歩いて玉陵に移動。
ガイドさんの案内でお墓を見学。
「洗骨」など初めて聞く文化。

その後は首里城見学。

首里城の中でお菓子をいただく。
お菓子についての解説付き。
※由来などをききながらいただくお菓子はおいしゅうございました。

その後はホテルに向かいみんなでBBQを堪能。
海の幸をしっかりいただきます。

初日のイベントはこれにて終了です。
明日は沖縄二日目、自由行動が待っています。

次回は二日目を紹介したいと思います。

※この記事は10/11に書いております。
本日、10/31に首里城が火災の被害に遭い本当に残念に思います。

タグ:

ページトップへ