スタッフ募集はこちら

2018年を振り返り…。

こんにちは。

代表の澤田です。
もうすぐ平成最後の年末も終わりに近づいています。
今年はどんな年だったのか?振り返ってみたいと思います。

始めに個人的なお話ですが、2017年の1月に長男が生まれ、今年は子育てを楽しみました。
ハイハイから立ち、歩き始めたのが3月。12月の今はもうやんちゃ盛りです。
子供の成長を見ていて感じたのは1歳半ぐらいまですごい勢いで身長が伸びましたが、今はゆっくりとしたペース。
その過程で、気が付いたことですが、赤ちゃんの成長とは縦に伸び、横に伸び、を交互に繰り返しながら大きくなっていくこと。
この成長の仕方って、自然の摂理なんじゃないかな?なんて感じました。

で、ここ数年売上が伸び続けてきたライフィの今年1年は、横に伸びた年だったんではないか?と感じています。

2014年の保険業法の改正では、保険会社のあり方、代理店のあり方を問われるようになりました。
同時期、ライフィも理念経営を行いつつ「企業のあり方の追求」をしてきました。そこで、2017年に弊社は新しいチャレンジを止め、過去の体制から問題の先送りをしていた個所や、サイト、コンプライアンスなど、様々な角度からリニューアルを試みました。その影響で、昨年後半から今年の前半にかけてアクセス数が落ち、成績が低迷する結果となりました。
重要なことは、どのようにやるか?ではなく、なぜやるか?「あり方」を徹底的に社員と共有し続けることにより、社員の意識もさらにレベルアップし「お客様にとって、もっともっと良いサイトを作るんだ!」という意識が深掘りされたように思います。

後半に入ると徐々にその成果が表れ始め、一昨年の成績まで戻すことができました。

今月、来年度の経営方針、部門方針、個人目標の発表会をしましたが、発表を聞いて感じたことは多くの社員さんが「自分の人としての課題に向き合う目標を立てていた」ことです。経営理念の共有が進んでるなぁと実感でき、とても頼もしく思いました。
今期の成績は昨年並みではありましたが、社員一人一人の成長は目を見張るものがあった1年で、基礎体力が付き、来年以降がとても楽しみです。

縦にだけ伸び続けていれば、足腰の弱い経営体質になってしまいます。
サッカー日本代表の長友選手のように、身長が大きくなくても体幹を鍛え、足腰を鍛えれば、大男と渡り合えるようになります。
ライフィも小さな組織で足腰が強く、多少のことでもびくともしない体制づくりを目指していきます。

12月に入り、東京都から「平成30年東京ライフ・ワークバランス認定企業」になったとのご連絡をいただきました。
来年2/7に東京国際フォーラムで開催される「ライフ・ワーク・バランスEXPO東京2019」で表彰していただけるとのこと。
認められた評価ポイントとして「全社一丸となってライフワークバランスに取り組んでいること」でした。社員さんたちの頑張りのおかげです。

今年ライフィには中途採用で3人の仲間が加わりました。
年末の面談で3人が口をそろえて言っていたことをまとめると「考えることが多く、脳がすごく疲れた」でした。社員さんたちから会社に提供していただいているのは労働時間や単純作業でははなく、最終的に成果へとつながる考える力です。それが労働生産性を高め、労働時間を短縮しても成果向上につながります。

12月に決算を迎えるライフィは、1月から第20期に入ります。早いものです。
来年は今年以上にお客様のお役に立つ会社となり、社員さんたちとその喜びが共有できる年になると確信しています。早く来年が終わらないかとワクワクしています。

今年も皆様にお世話になりました。来年もどうぞライフィをよろしくお願いいたします。

仲間になってくれる社員さんを募集しています。

タグ:, ,

ページトップへ